Indian Institute of Information Technology, Design & Manufacturing, Jabalpur (IITDM-J)  緊急依頼案件

インド情報技術大学ジャバルプール校

インド政府MHRDによって設立された国家的に重要な研究所です。当校は設立以来日本との協力関係にあります。この協力関係の結果、当校の学生や教員は、より高度な学習や研究のために日本を訪れました。また、日本の教授陣も当研究所を訪れ、当研究所の学生に多くの技術コースを提供してくれました。

この協力関係を強化するために、学生に日本語コースを提供しています。

  1. 契約期間:2024年秋から1年間、教師が十分な業績を上げることを条件に延長可能。 2024.秋から1年間 8/15-12/末 1月-5月末 半年も可能
  2. 給与は月給125万ルピー(1,25,000インドルピー)とする。
  3. 当インスティテュートVHに無料で宿泊することができる
  4. IIITDMJ の正規教員に適用される臨時休暇、有給休暇、医療休暇が与えられる。休職手当は支給されない。
  5. 研究所の規則に従い、医療設備が提供される。
  6. 6コマ/週 1コマ55分 1日2コマ 週3日稼働(ビギナークラス、アドバンスクラス)
  7. 雇用人数 1名

学士でも可能。経験者望むが相談です。

ジャパルプールの都市は:インド中部、マディヤ・プラデーシュ州の中央にある都市。

ジャバルプル県の県都。ジャバルプールとも表記する。

面積10,160平方km、人口は1,081,677人(2011年)。

年平均気温は26.5℃で、年降水量の9割が雨期の6~9月に降る。

 

外務省情報:

外務省: インド情報技術大学ジャバルプール校(IIIT・J)のための日印協力 (mofa.go.jp)

IIIDMA-Jウェブサイト: IIITDM Jabalpur