冬セメスターの試験期間に入り、日本語クラスは休みに入りました。その間、日本からポーランドにきていた家族と一緒にクラクフへ出かけました。粛々と事実を受け止めながら歩くアウシュビッツ~ビルケナウでは、歴史を知ったうえで自分はどう考え、どう前に進んでいくのかが問われました。真冬なので観光シーズンよりは少ないですが、ジェシュフに比べてやはり人が多いなと感じました。

3月9日(土)、ワルシャワの日本大使館で行われたスピーチコンテストに参加しました。みなさんレベルが高くて驚きました。今回は、楽しく聴衆を惹きつけるスピーチをした日本語学部の学生さんが優勝しました。ちなみに、賞品はだれもが欲しがる日本への航空チケットでした。翌日10日(日)は、定例の勉強会に参加し実践発表させていただきました。発表にあたり自分の授業を振り返えるよいきっかけにもなりました。みなさま、ありがとうございました。