ウッジ第2高校 

後期授業が始まってから、ウッジ第2高校は学校行事等々で、選択科目の日本語クラスはキャンセルになることも多く、なかなか思うように授業が進みません。クラスによっては1ヶ月に1回だけしか授業がなかったクラスもあり、前回の復習で授業が終ってしまう状況でした。

それでも、私が主に担当している初心者クラスは、現在動詞の活用まで進んでいます。

初心者クラスでは主に以下の内容を導入しました。

1. 様々な動詞の導入

2. 動詞の活用(現在形での肯定/否定)

3. 動詞の活用(過去形での肯定/否定)

4. 家族の呼び方(内/外)

5. 動詞のて形導入

その他、2月末-4月中旬に掛け、2024年度の学生募集に向けた小学校での学校説明会が催されました。

ウッジ第2高校は日本語教育を受けられることをアピールしている為、我々日本語教師も生徒達と着物や浴衣を着て参加、来場者へ筆で名前を書いてプレゼントしました。

3月にはオープンスクールも行われ、生徒達が一生懸命筆でカタカナを書いていました。

また課外学習活動である4年生のアウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所見学、1・2年生の第2次世界大戦博物館訪問へ同行する機会を与えて頂きました。ウクライナとロシアの戦争に終わりが見えない中、改めて平和について考えさせられました。

4/26に高校4年生の卒業式が行われました。

日本と比べくだけた雰囲気ではありましたが、ダークスーツやワンピースに身を包んだ卒業生が国歌と校歌を斉唱する姿は日本の卒業式に通じるものがありました。

5/1-13まで、高校はマテューラ(ポーランドの卒業試験)の為、在校生は休講です。

6/22の学期終了まであと僅か。

悔いの残らないよう、残り2ヶ月を過ごしたいと思います。

《写真》

高校説明会の資料とオープンスクールの様子

アウシュビッツ強制収容所