9月22日(金)午前11時から12時 言語学部新入生オリエンテーション

大講堂(約150人参加)で開催。各国語の先生たちとともに出席して、約3分間のスピーチ。(日本語コースについて)コースの内容をリーフレットにして配布しました。

10月上旬に開催される日本映画週間のパンフレットも大使館よりもらって、学生に配りました。

9月26日(火)午後2時から2時半 言語学部外国語教師と学部長、副学部長の懇談会

教室の使用、教育機器、学生数、宿舎など、仕事や生活をめぐるあらゆる問題について質疑応答がありました。

私は、宿舎の暖房に関して、以前にも要望したにもかかわらず改善がなされていない事を、話しました。他の先生たちからも、同じような意見が出て、今後大学側が善処してくれるよう期待しています。

9月26日(火)午後2時40分から4時 日本語学生と授業スケジュールの調整

来週から授業を始めます。

1年生 (学生数約10名)

水曜日と金曜日 4時20分から5時50分まで

 2年生 (学生数4名)

月曜日 4時20分から5時50分まで

水曜日 6時から7時半まで 

 その後全員で日本の文化紹介DVDを鑑賞。

 9月28日(木) 午前10時から11時まで 日本大使訪問 言語学部副学部長2名と                                                   副学部長から先週要望があったのでお二人とともに、大使を訪問しました。次回は、大使が大学を訪問されるので、日程調整を依頼されました。これから、交流が深まるよう希望しています。

将来、大使が大学で講演される構想も浮上してきました。実現すると素晴らしいと思います。日本はマケドニアでは、色々な面で、中国より動きが遅く、このままだと、中国語に席巻されるのではないかと最近強く感じています。

 市民向け日本語公開講座の開始 10月7日(土)~12月16日(土)

新しい試みとして、大学が市民のための日本語講座を開催することになりました。4月の日本文化プレゼンテーションにたくさんの市民が来場したので、開設に積極的になったのでしょう。

大学のフェイスブックに先週から載せています。どのくらいの人たちが来るのかわかりませんが、自分の収入にもなりますので、とても助かります。