ヴロツワフでは桜やライラックの花が咲いて、風薫る爽やかな季節を迎えています。

後期も半ばとなり、出席が様々の理由で減っていくのに凹みながらも、最後までついてきてくれる学生がいることに感謝です。

将来はトヨタで働いて、出張で日本に行きたいという学生は天使に見えます。5月に二週間の日本旅行を計画している学生もいて、彼はこれまで日本語を教えてもらった先生に会ってくると楽しみにしていました。先生方にとってもさぞかし懐かしい再会になることでしょう。

ああヴロツワフに来て良かったなぁと思う、学生たちと日本庭園に行った4月28日はそんな日になりました。春爛漫、天気最高、おにぎりをみんなのために作ってきてくれた気の利く子が中にいて、池のほとりでランチタイム。昨日は私の誕生日と言ったら、皆で”スト・ラト” を歌ってくれました。花咲く庭に癒されて、おいしいおにぎりに満たされて、優しい生徒に囲まれて、幸せな1日でした。

 

植物園で       学生が作ってきてくれたおにぎりを一緒に食べて