【ポーランド共和国】

2022年Academic year は現在対面授業。

2023年募集:                                

国立大学・日本語講座 Academic year10月開講 3か所                                        現在受講者が多く、待っている人も多くいるので日本語教員増員

国立ウッジ大学日本語コース  2023年10月開講(9月中旬赴任)1名 

★ウッジ第二高校 JICAからの継続校で、現地派遣先教師のサポートがとても親切で

皆さんからとても良い派遣先との評判です。

ウッジ第二高校  2023年10月開講(9月中旬赴任)2名(1名決定済)

★Foundation(ブロツワフ)                                                              日本語教育・日本文化指導  日本大使も訪問

宿舎提供 光熱費、付帯設備等無料提供 広い部屋である。   

対象:社会人 学生 第三世代 子ども

7-9月 短期 2名

                 書道               

閑静な高級住宅街に位置し、、近所にはカルフールやコンビにもあり、とても便利である。

このようなところがあるとは驚きとICEA教師の感想である。

100年の歴史のある建物だが、中はきれいである。

 

●派遣先から費用を頂いていませんので、アイセアは運営協力金が必要です。

これは現地の宿舎、光熱費、付帯設備等に相当する金額です。

通常,宿舎はアパートは7、8万/月 

これらを無料提供するようにしてもらいます。

★University of Lodz  ウッジ大学 若い方。2023 1名募集 

市民講座等を兼任活動、名門国立大学。1945年創設。

ウッジ大市民講座などを兼任活動、名門国立大学。1945年創設。修士。経験者

ウッジ大学国際政治学科講座日本語  試験、成績をつける 卒業単位

ウッジはJICAの研修地であったところ。

関西学大学、明治大学、新潟大学、秋田県立国際教養大学 と提携

ポーランド写真    ウッジ大学、ウッジ高校 ウッジの街          

    

 

4

★ 日本語講座    決定次第締め切ります。

*1年目初心者はインターンシップで報酬なし。

ここで経験を積んで戴き、ポーランドにも慣れていただきます。

日本で経験のある方は報酬があります。

*2年目以降大学等に客員講師として赴任可能です。

大学日本語学部、大学日本語講座、文化センター等へ移って活動します。いずれの大学も名門大学で、通常は教壇に簡単に立つことはできない大学です。文化センターでは、日本語教育と日本文化の伝達が行われます。 

日本語学校 宿舎は一番良い。例.三か所 ウッジ、ポズナン、チェシチン等