第3回目の千里国際高校とのオンラインミーティング

Zoomにて9時15分から。Break out roomでは 英語が主流となり 日本語は用意してきた4センテンスのみとなる。交流を深めるという意味では英語での意思疎通 問題なし。ただ日本語の授業という視点からすると難しい。今後 どのようにしていくか吉田先生とも相談要。英語で話す時間となると生徒たちの表情も和らぎ 楽しい時間となっているのは否めない。

6月16日 聖体の祝日 翌日金曜日も休み。つまり4連休となる。すでに高校は成績に関係する授業が終了している為、出席が極端に少ない。来週 20日21日 22日 23日 生徒は来てくれるのか?

E先生から 本年度の日本語の生徒128人全員の出席率をまとめるようにと言われる。履修証明を出すからしく、90%の出席率と言われたが なんとか70%ぐらいまで引き下げてもらうことにした。

また アンケートをとり、個人的に何ができるようになったのか?何をまなんだのか? 用紙に記入させる。集計は円グラフにして 副校長先生D先生に報告することにする。

最終週

出席学生も少なく 最後に何をしようかと色々考える。書道のまねごと。字を書いてもいいし、絵を書いてもいいことにした。水墨画が学校内にも展示されている。ルールはない。自由に思いつくまま書いてよしとする。墨をするという行為に興味を持った学生がいた。墨汁がなくなり、仕方なくこのような準備になったのだが ピンチが逆に学びの場となる。

墨の匂い。黒の色のバリエーション、何かを感じてくれたら嬉しい。

6月24日 修了式

成績優秀者の発表 1、2、3位まで 日本語受講生で嬉しい。私への挨拶もあり、感謝。日本語受講生たちとにハナミズキを全生徒、教員お前で歌う。これも感謝の3分。校長先生のヤドビガ先生 退官式も同時に行う。アリスインワンダーランドのような演出で送り出す。誰もが笑顔の式典。

お世話になりました。ありがとう。第二高校