2017年1月11日(水)~2017年2月10日

全30回の授業のうち、半分の15回が終了しました。

1月末からジェシュフ大学は試験期間に入っており、通常の授業は休みのようですが、日本語クラスは今期の開始時期が少し遅かったこともあって、休みはありません。休暇を使って実家に帰る大学生などを除き、大きく出席者が減ることなく継続できています。社会人の生徒は休みなくクラスが継続されることが逆に好評のようです。

1月中旬ごろ、ポーランドは寒波に見舞われ、マイナス20度を記録しました。数年ぶりの寒さだったようです。外に出ると非常に寒いのは確かでしたが、室内はセントラルヒーティングで大抵どこも暖かいため、あまり辛いと感じることはありませんでした。

まだ雪が降る日もありますし、寒い日が続いているものの、日照時間がずいぶんと伸びて、春に近付いているのを感じています。1月上旬までは、授業がスタートする4時には暗くなっていたのですが、今は、授業開始時でも、まあだ明るいです。4時という微妙な時間帯かつ外が暗かったため、「こんばんは」と「こんにちは」のあいさつが半々くらいでしたが、段々と明るくなるにつれて「こんにちは」に変えようかなあ、と考えています。