文化講座

和食が日本文化である理由

201312月和食がユネスコ無形文化遺産になりました。。和食の特性を

TCKの大型スクリーンのある会場でビデオを設け講義しました。四部に分けて解り易く話しかけました。

 

第一部 和食の精神性 日本は昔から自分達を取り巻く自然を尊重し共に暮らし、神仏や信仰が人々の生活と結びつきながら独自の食文をはぐくんできました。

 

第二部 和食の社会性 食事を共にする事は人と人との繋がりを深くします。和食は家族、親族、地域のコミュニケーションの場です。自然への感謝、料理を作る人、もてなす人の感謝の気持ちを「いただきます」「ごちそうさまでした」と表します。

 

第三部 和食の機能性 一汁三菜つまり、ご飯、香の物を中心にして野菜、魚介類、肉、海藻等で作られるおかずを組み合わせて食べる和食は栄養バランスにに優れた健康的な食習慣をもたらしました。出し汁は減塩にも効果的です。味噌、醤油、みりん等、発酵調味料も健康に良いです。

 

第四部 和食の地域性 日本は南北に長く四季がはっきりしています。山、海、里等、地域的条件や気候の違いによって採れる食材や調理法が変化し、地域色豊かになりました。各地の漬け物、保存食等其々の特徴があります。

手書きの年間行事や歳祝いの表や一汁三菜の絵を用意しました。最後に質疑応答の時間を設けました。

折り紙 

子供から大人まで楽しめるようにしました。

雛人形 33日の桃の節句や歌を紹介

ピカチュウ ポーランドでも人気

スリッパ  東日本大震災の時に役立ち、自宅でも使用

 

詳細はBUNKA w TCK をごらんください。

 

追記

 冬休みを利用して16日間クロアチアのアドリア海沿岸を一人旅。美しい景色を堪能しました。また、様々な人と触れ合い、ユーゴスラビア紛争前や後の六ヵ国の現状等、歴史や文化を学びました。