★Sulobakia・ブラチスラバの大学へ赴任しました。

  ブラチスラバ市は 今まさしく黄金の秋です。

14753959_1136360043112810_2377029878958716971_o

カサカサと 落ち葉を踏み鳴らして歩くのも心地よく、そんな他愛もないことにすら ブラチスラバ市にいることを実感します。

さて、今朝 始発トラムで警察署に行ってきました。到着初日に迎えに来てくれた4年生が二人付き添ってくれたので安心です。

学生たちが言うには、「ここの警察署は最悪。テレビでも「市内で一番不親切で不愛想な警察署」と報道されたのに、対応は変わらない。」とのこと。 公共サービスや対応が悪いのは、日本以外の国なら最早当然ともいえるのでしょうね。

氷点下のなか、学生たちと「寒い~!中に入れて欲しい~!眠い~!」とお互いに不満を言い合い励ましあいながらながら待つこと2時間、ようやく署内に入れました。が、更にひたすら待たされ、2時間後にようやく係の方と話せました。しかし、私たちは11番目に署に到着したにも関わらず、後から並んだ外国人たちの方が早く案内されていたり、案内も頂いた番号順ではなかったりと 不思議なことが満載の警察署でした。(それには学生たちも驚いていました。)更には、写真撮影や指紋投影機がうまく作動しないからということで、更に1時間待たされ、ようやく諸事が終了したのは11時でした。

それも、東京から必要書類を全て送付してくれたおかげで、私は簡単な書類1枚に記入し、写真撮影と指紋採取をしただけですんだのです。もし、最初から書類を記入しければならないとなると、更に時間がかかったことでしょう。

手早く処理が終了したのも大使館の方々のご尽力のお陰様です。

有難うございます!

(5時過ぎに警察署に行って、スムーズな手続きが終了して11時終了となると、皆さんができるだけ早朝に警察署に赴く理由がよくわかりました。だから評判の良くない警察署なのか、それが尋常なのか?と思わされました。)

とにかく、まずは警察署での手続きは全て完了したことをお知らせします。

以後 滞在許可通知完成の連絡を頂き、その次の火曜日に受理に行くだけです。

2月に「ブタペストの会」があるんですね。

是非出席して、各国で頑張ってみえる先生方とお会いしたいです!

 

日本ももう初秋を迎える頃なんですね。

季節の変わり目でございますので、どうぞくれぐれもご自愛になってお過ごしくださいますように…・