大学の日本語コースは、順調なスタートを切ったところでしたが、市民向け公開コースの帰り、歩道でものに躓いて転倒して、怪我をしました。幸いひどいけがじゃなくてよかったです。夜道は気を付けなくちゃと思いました。バス停まで急いでいたこととか、その日授業が2つで疲れて注意力が散漫だったのかなとか、年かなとかいろいろな理由があったと思います。

この国の道はひどく荒れていて、思わぬところにものがあったりへこんでたり、日本の道路とはまるで雲泥の差があります。

これからよく気を付けます。

怪我で、顔の傷や脹れもあったのでその週は大学の授業をキャンセルしました。心配した学生から電話をもらったり、何か手伝えることがあったら何でも言ってくださいといわれました。転んだ時もすぐそばのカフェにいた人が飛んできて助けてくれましたし、カフェまで連れて行ってくれて、そこでしばらく休んでいる間、カフェの人が顔を冷やすために氷をくれました。知り合いのタクシーを呼んだら、すぐに病院に行ってくれて、通訳してくれたり、お医者さんが氷で冷やすようにと言うと、うちまで帰る途中、知り合いのレストランによってたくさん氷をもらって呉れたり、そして翌日お掃除に来たスラビツァさんは水や牛乳等を買って来てくれましたし、おかげさまで皆さんにとてもとても親切にしてもらっています。

というわけで、11月は、なかなか波乱の幕開けでした。大学の公開コースには4人が集まりました。そのうち一人が、7歳の男の子、バスで地方からやってくる高校生それに社会人が二人です。月木2時間ずつ週4時間教えていますのであったいう間に今週でレッスンは終わります。そのグループは今後も継続したいというので22週目から再開することにしました。

大学の方は、1年生の数が少しずつ減っています。まあ選択科目なのでしょうがありません。1129日現在 1年生9名、2年生7名、3年生3名です。

先週金曜日11月30日、午後から学生達4人と大使館で茶道プレゼンテーションのリハーサルに参加しました。学生はなぜか予定より人数が少なくて、慌てました。学生たちは、当日お茶を点てるデモンストレーションをする在住日本人の方から、抹茶の点て方を教わったり、点てたお茶を飲んだり、とても楽しかったようです。役割分担にそって、全員でリハーサルをしました。そして今度の水曜日、ホテルマリオットでいよいよ本番です。

300人のお客さんのうち100人にお茶をサービスするということです。そして、来週金曜日の夜、大使館がお礼に学生たちと私を寿司レストランの食事に招待してくれます。まだそのレストランに行ったことがない学生もいて、みんな楽しみにしています。

センターの公園。とても寒くなってきました。市の公園管理人が落ち葉をかき集めて掃除をしていました。