近況報告です。

去年10月に開始した第1回日本語コース(10週間)終了後、2月より第2回(13週間)開始、現在第11週目。第1回受講者の第2回参加率が70%と予想外の高さ。当初の予定では、年間13週間のコースを3回でN5の内容を終わらせる予定だったが、出席率の悪さ、遅刻の多さにより予定をオーバーする見込み。現在、第1回からの継続が3クラス50名、第2回からが2クラス40名、計90名。                                                                         5月からの第3回の募集を間もなく開始するが、上記の件など課題も多い。

生活面に於いては特に問題なし。エチオピア人も他のアフリカ、欧米、アジア諸国同様、陽気でフレンドリーで親切。(日本人も見習って欲しい) しかし、露骨なアジア人蔑視は他のアフリカ諸国同様。物価は日本の1/3~1/4、しかし、給与は1/15かそれ以下。つまり、生活水準はかなり低い。肉や日用品、タクシーは日本と同等かそれ以上の値段。

 

宿舎です。