現地での生活

生活をするには全く困らない。徒歩15分の距離にスーパーが4つほどあり、ショッピングモールも全て徒歩圏内。中心街へはトラムを使えば15分ほどで移動可能。大学から寮へ行くのも信号を渡ってすぐのところにある。

宿舎

提供してもらっている個室はテレビ・冷蔵庫・キッチン・ベッドなどが備え付けられている。

洗濯をするときは受付で鍵とコインをもらう。一回3ズウォティ(但し、カード払いのみ)。受付の方は基本、ポーランド語のみであるが、事務所にいる人は何名か英語が話せるスタッフがいる。

日本語授業

(月)16:30-18:00(ビギナークラス1) 18:15-19:45(ビギナークラス2)

(火)17:00-18:30(4セメスタークラス)

(水)16:30-18:00(ビギナークラス1)  18:15-19:45(ビギナークラス2)

(木)17:00-18:30(4セメスタークラス)

上記の通り、私はビギナークラス1・2、4セメスタークラスの計3クラスを担当。

もう一人の日本語教師の方はビギナークラス3、2セメスタークラス、6セメスタークラスを担当。

ビギナークラス…日本語講座受講の理由はさまざまである。アニメが好き、日本に旅行したい、日本文化(言葉)に興味がある等。授業では「げんき Ⅰ」を使用し、日本文化の話や礼儀作法を取り入れながら進めている。自国の文字と全く違うひらがな、カタカナに悪戦苦闘しながらも一生懸命授業に参加している。生徒はとてもまじめである。

4セメスタークラス…日本語を2年勉強しているクラスなので、日常会話はほぼ日本語で進められる。来春日本へ留学する生徒もいる。「げんき Ⅱ」の教科書を使用しながら、日本の文化なども紹介。授業開始当初、「漢字は難しいのでやりたくない」と言っていたが、途中から「やりたい」と要望が出たので、例文を書くときはなるべく漢字を使うようにしている。

その他

週に一回、エラスムスの学生と一緒にポーランド語の授業を受けている。私はポーランド語の学習経験があったため、少し上のクラスで参加。日本語を教えながら自分も生徒として参加できるのはとても貴重な体験だと思う。

F