基本情報

ブロツワフ経済大学の日本語クラスは、11月も引き続き4クラスを運営しました。日本語が始まってからまだ数年ということもあり、初心者から3年目までのメンバーが小規模クラスにて勉学に励んでいます。ビギナークラスのみ人数が徐々に減ってきて約10名になっていますが、他のクラスは引き続き4-5名です。

クラスはビギナークラス、半年クラス、2年目クラス、3年目クラスとありますが、今回は半年クラスを紹介します。

詳細

半年クラスは名目上、前年度の2学期から開講し授業を継続受講してもらうためのクラスです。前年度のみ変則的な開講をしたことが尾を引いており、微妙な進度での区分けによりクラス数が増えてしまっています。初回授業から継続してずっと参加している生徒は現在3名で、前年度からの継続2名と新規1名です。人数が少ないため、基本的には生徒たちの学習進度に合わせて授業計画を逐一修正しています。継続2名の生徒は年配の方ということもありなかなか覚えられないので、新規の1名と合わせて結局のところげんきの第一課から進めています。ビギナーと進度が合わないものかと当初思っていましたが、新規1名の定着の良さと、継続2名は復習ということもあって学習速度はビギナークラスよりやや早いです。

このクラスの生徒達はビギナークラスに比べて少人数なので、細かいところまでみっちりと学習できるところが良いと思っています。ひらがな・カタカナは読み書きにやや問題あるものの、単語の定着が比較的良いことから、新しい語彙の獲得を目指して日々学習しています。

また、日本文化への興味を示してくれたのもこのクラスの生徒たちで、そのおかげもあって書道イベントを12月に開催することになりました。文字を書く練習をかなりやっている生徒たちなので、書道でどんな字を書いてくれるのか、今から楽しみにしています。

以上。