今日は選択外国語のプレゼンでした。

スペイン語、クロアチア語、チェコ語、日本語です。
私はスラヴィッチャという先生がマケドニア語でコースの説明をした後、英語で挨拶と説明という流れ。

選択科目のネイティヴ語学教師は

冒頭、簡単なマケドニア語の挨始めたら、それだけで会場が「おお!」となり、それだけで大きな拍手をもらえました😊

他の科目は先生方が一通りの説明で終始するなか、私は切り口を変えて、日本人のファーストネームは両親の願いが反映されている。

私の名前を漢字で書くと、One thousand, blessing or graceという意味になると説明。

Do you know Mt.Fuji?と聞くと、ほとんどがうなづきました。

私のふるさとは美しい富士山、温泉、新鮮な魚で有名と紹介。(伊豆です。)

2007年から旧ユーゴ興味を持ち、その何処かで日本語教師をやるのが夢だった。

Finally my dream has come true. I’m really happy to be here with all of you.

と言いました。

私の名前を漢字で書くと、One thousand, blessing or graceという意味になると説明。

教科書だけじゃなく、日本の映画や音楽、アニメーションをも取り入れていくことを説明し、

例として「君の名は」を挙げたところ、大半の学生知っていた様子でした。

Let’s enjoy the world of Japan together !

Bragodaram (マケドニア語でありがとうの意)

で締めました。

プレゼン後、とても大きな拍手をもらえました。

最終的に何人集まるか分かりませんが…

既に6〜7名の学生が関心を示してくれています。

舞台に上がったとき、心臓がバクバクでしていましたが、

冒頭のマケドニア語の挨拶で緊張がほぐれました。

どんな学生たちがいるのか楽しみです❗

マケドニアの社会、歴史、もちろん語学も学びたいので、理解を助けてもらえると大変ありがたいとも言いました。

途中ハプニングあって、学生たちから笑われる場面も💦

全然スマートじゃないプレゼンでしたが…

それも含めて印象に残れば幸いです