Q.教壇に立つステータスは?
A.外国語講師です。

ニュージーランド(アシスタントティーチャー)以外は、ひとりで教壇に立ちます。ヨーロッパはほとんどの機関において、あなたが唯一人の教師です。一方アジアはどの機関も現地人の日本語教師、さらに現地在住の日本人教師とともに教科を受け持ちます。いずれの場合も、現地で求める人材は、「一人前の先生」です。

しかし、上記に記したように、『日本語を教えた経験が無い』『教師経験が無い』といったご心配は要りません。ICEAが派遣生に求まる資質は、“教える能力”や“教える資格”ではありません。先生であるという自覚、海外生活への順応性、社会性や学生に慕われる明るさも大切な要素です。