寒くなってきました。ここ数日間、家に引きこもっております。スコピエを囲むバルカンの山々は、すっかり雪化粧をしました。

日本語授業が始まって2か月です。1年生は合計17名になりましたが、いつも10人前後の出席数です。2年生は6名いるうち、最近は2名くらいしか出てきません。主専攻科目のテストや、卒業に向けて教育実習、寒くなってきて体調を崩したため等の理由で、日本語の授業に来られないとのことです。

オープンコースのほうは、一名しか来なくて、2月からどうしようか考えています。やはり社会人は休日は家族や子供の世話などが忙しくて、つい休むのでしょう。なかなかそろって教えられないので、どうも教えずらいです。

その一人は、とても熱心で、やる気満々なのですが・・・・・・。

というわけで、ここにきて学習者が減っています。

さて、今月に入って、日本語コースを取っている学生が、33日にひな祭りのイベントを計画しました。その中身について、大体決まりました。日本大使にも、来ていただくよう、学部長に招待状を書くようお願いしました。まだ先の話ですが、少しずつ学生たちに準備を進めるよう言っています。みんな張り切って楽しみにしています。

 私の方は学期末試験を済ませた後12月の中旬に、日本に帰国します。二か月間滞在して213日に日本を発ちます。

 宿舎のエレベータがやっと約1か月ぶりに、動くようになり、ほっとしました。

7階(日本では8階)に住んでいますので、毎日本当にくたびれました。部屋のセントラルヒーティングの機器が3つあるうちの1つが機能しなくて、先日修理に来ましたが、直りませんでした。掃除に来るスラビツッアさんにまだ治っていませんよと話しましたが、まだ直しに来ないので、困っています。夜などかなり寒いです。