ブロツワフ経済大学日本語講座の12月の報告です。

クリスマス休暇や試験が近づいてきていますので、お休みする学生もこの日は何人かいて残念でしたが、

初めて「習字」をしました。ひらがなが全部書けるようになったので、筆で「はらい」「とめ」「はね」を実感しながら書くのがとても楽しそうでした。

異なる文化に触れるのは本当に刺激的で楽しく、特にひらがなを覚えた後だったので、なおさら喜びが大きかったようです。次回はカタカナで、自分の名前を、そして漢字と後2回は入れようと思っています。

 教科書の方は第2課が終了し、次は3課からで動詞が入るので、自分の表現したいことができるようになっていく過程を楽しんでいくでしょう。

これまで、小テストは一回行い、1月3週目に「げんき」p55の「自己紹介」にもう少し文をプラスして皆の前で発表という形のfinal exam をします。

テスト週間が29日から始まるので、あまり重い試験はしません。その後カレーライスを振舞いたいと思っています。こちらはあまり辛い料理はないし、寿司、ラーメンは知っているけど、(日本の)カレーライスは知りませんでした。どんな反応をするか楽しみです。

 クリスマス休暇中にせっかく覚えたひらがなを忘れないように「げんき」ワークブックの宿題を出しました。成績付けは1)小テスト 2)自己紹介 3)宿題 4)出席率 5)授業での参加度 で全体を考慮して学校規定の6段評価でつけます。

学生は皆熱心で真面目なので、楽しそうに授業をしているのを見ると、私も幸せな気分になります。

各授業の初めに、今まで習ったQ-ATALK TIME を設定していますが、だんだん早く、自然と会話できるようになってきています。