2019ウッジ第二高校赴任:

ウッチポーランド語文化研修のあと、すぐウッチ第二高校に赴任し、2週間が経ちました。高校は9月から始まっています。

ポーランドの教育制度が今年度から従来の6・3・3制から8・4制なったため、

1年生に二通りのクラスがあり、従来の2倍のクラス数になっています。

生徒は日本の文化にとても興味を持っており、やはり高校生だけにポップカルチャーに対する興味が大きいです。初回は自己紹介と、1年生については日本語のあいさつや、ネールプレートづくり、出席表を渡し、ハンコを紹介しました。

学校は日本の学校とは全然違い、生徒が教室を移動します。

選択教科も多いため、授業開始終了時間は個人により違います。先生方も自分の授業が始まる時間までに出勤し、終わると帰宅します。授業準備は自宅でするようです。

ランチタイムなどはなく、間に20分休憩があり、その間にスナック程度を食べています。ポーランドでは朝ごはんの後、昼前軽食を食べ、3時ごろが昼食時間のようです。

昼食がメインでごちそうを食べ、夕食は8時ごろに軽く済ませるようです。

   

地理の先生の教室と廊下の様子、授業との間座るベンチや勉強したり軽食を食べるテーブルがあります。

こちらはもうすっかり秋で、最高気温でも17度くらいです。

先日、夏にさよならを告げる伝統的な行事と言ってBBQがあり、一部の生徒がソーセージとパンを焼いてみんなで楽しみました。

今週末に開催されたLight Move Festival, 町の主要な建物がライトアップされ、音楽に合わせて映し出されます。この3日間はたくさんの人でにぎわいます。

YK