1)生活面 

 学生寮の一室でベッド、机、テーブル、ミニキッチン、クローゼット、本棚などが揃っている。寮のすぐ近くにスーパーがあるが、歩いていける範囲に3〜4店のスーパーがあるし、トラム5分位で大きなショッピングセンターにも行ける。カード社会なので小額でもカード利用OK. ATMや両替所も至る所にある。大学は道路を渡ってすぐなので歩いて3〜4分もかからない。食料品は日本の3分の1程度の値段。洋服類は比較的高めで品数が少ない。こちらで買おうと思ったが、もっと日本から持って来ればよかった。

何より文房具はやっぱり?日本のものにかないません。セロハンテープ、ゼムクリップ、透明ファイル、マグネットなど持ってきた方がいい。コピーは担当者の先生のオフィスで無料でできる。スマホはプリペイドのシムカード月30〜35ズウオティで使える。

2)講座

 単位対象の講座ではないので、テストをするかどうかなどはこちらの思い通りにできる。ただし、次の講座へ進む目安としての成績付けはあり、学生にも学校にも提出する。今年は1年目各20名程度で3クラス。2年目14人。3年目5人、4年目以上5人。学生は真面目で、優しく、あたたかい。やる気もあり賢い。私はアメリカの大学の日本語クラスでアシスタントとしてバイトしたことがあるが、比べては悪いが、ポーランドの学生の吸収力はすごい。びっくりする。すぐ覚えるし外国人イントネーションもなく自然な日本語を発する。初心者コースは物珍しさで登録してという学生もいるみたいだが、本格的に勉強したいという意欲的な学生も多い。2年目、3年目以上になると漢字2,000語覚えた学生もいるそうだ。日本と日本語に興味を持って集まってくれたキラキラした学生達を見ると期待に応えられるよう頑張ろうという気になる。来年この大学から5人が日本の大学に留学するそうです。日本の大学2つと提携し今年は日本から一人留学生がいる。またヨーロッパ諸国からの留学生も多く、彼らにポーランドの授業と様々なアクティビティーを提供している。私達も今週初めてポーランド語の授業に参加した。発音を知ることができてよかったが、ポーランドは難しい。

10月16日からの授業始まりでまだ1週間しか教えてないが、こんなやる気のある学生達に教えることができて幸せです。